【体験】マキシ 麻布十番(橋本)〜ほのぼの本格マッサージ〜

どうも、ネクです (@MensBZ

通常のメンズエステとは少し違う癒され方。ほのぼの本格マッサージ。ドア開けた瞬間から、なんだか正直、不慣れ感あったが、マッサージはド級にうまい。

※すでにこの記事書いているときには辞めていました。

体験したメンズエステ店

店舗名マキシ 麻布十番
セラピスト橋本さん(辞めている?)
コース90分15,000円 フリー
割引 -2,000円
オプション無し
合計料金13,000円

なんの割引か忘れた・・・

 

 
 

店舗へ訪問

予約時間の1時間前にショートメールで住所が送られてきた。受付対応はハキハキとした女性。指定の場所にいくと、入り方がわからず結局電話。。シャッターが閉まっていると思ったら横に動くらしい。中に入ってインターホンで呼び出す。麻布らしい、キレイめマンションワンルーム。フリーの楽しみにドアを開ける

セラピストとご対面

橋本さん(現在まだHPにいない・・・)。小柄で小動物のよう。おっとりとした雰囲気。とっても癒し系。なんか安心する。でも、おどおどした印象を受ける。と思っていたら、インターホンのカメラで見たらコワモテに見えたらしく、来るまでドキドキしていたらしい(笑)全然コワくないよ(笑)

マッサージ

シャワーを浴びて、うつむけから。足のマッサージ。足裏のツボ突きやふくらはぎの揉みほぐしなど本格的な手つき。これは格が違う!そりゃうまいはず。指圧マッサージの経験を持つという。

各所ツボをつきながら、しっかりと慣れた手つきでほぐされていく。「ここまで(本格的なマッサージを)していいものか、悩むんです」え?なにをおっしゃいますか。いいんです。もちろんマッサージも、大事

カエルになると、少し動きが変わった。肌に手が吸着。先程は的確にツボをついてきた手が、ゆっくり、ゆっくりと背後から鼠蹊部に向かって、はってくる。ゾクゾク!!じわり、じわり。あああ。ゆったり時間が過ぎていく。このときはトークはない。

背中へ移る。ヒジや手の硬い部分を使ってほぐされる。「凝ってますねぇ」グリグリ。気持ちいい。ついポロリと、よきかな、と伝えてしまう

橋本さんは、どこか垢抜けていない雰囲気を持っている。他のセラピストさんとは違う個性。その裏には、熱い向上心が垣間見てとれた。他のお店のことなど聞いてくる。女性も受けられるメンエスある、という話をしたら「受けてみたい!」どうせやるならうまくなりたい、という。他の会話からも感じる、見た目とは裏腹なアクティブさ。意外性に、好奇心がわいた。

本音もチラリ。最近ワンルームだとおいたされることが多々あり、少し恐くなってきている、という。やめよう、おいた。男として気持ちはすごくわかるのだけど。。メンズエステ、なくなっちゃうよ。

仰向けになるとデコルテから。あーいーわ〜〜ほぐされ感すごい。最初距離のあったところから、衣装でわかりづらい隠れたOPI、しっかりスタン。あら!

腕もマッサージ。手のひらあたりは柔らかな太ももに挟まれながら、揉み揉み。うーん、気持ち良すぎて寝てまう。。

足元からのマッサージも、少し距離があるところから、鼠蹊部。意識は半分遠退いていた。完全にリラックスムード。時折鏡ごしに目が合うと、目線は泳いでシャボン玉のように儚く消える。幻?

そう、いつもと違う空間だ。明らかに。それがなんだか新鮮だった。夜遅くに受けたマッサージ。とても気持ち良く眠りにつけた。

まとめ

終始、落ち着く。橋本さんの施術は、正直、ドキドキたっぷりというよりは、癒しだ。でも、橋本さんの作る世界は、今までのセラピストさんにはないものが、確かにある。

メンズエステ特有のドキドキを求める人には物足りないかもしれない。でも、彼女の向上心がどこに向かうか。ドキドキと本格マッサージの技術とが合わさったら、化ける可能性は大

・・・・とココまで書いて貯めておいたが、すでにおそらく辞めている・・・今後のご発展をお祈りします。

もう一つ行った体験記事がありますが、そちらはまた後日。

ではでは

【マキシ 麻布十番】
http://www.azabu-maxi.com/

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    メンズエステ歴約8年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。