シュウです。(@bz_syuu

船橋へ行ってきた。Men’s BZ初登場のお店、ラパン。今回はドキドキを求める、という人よりは、会話もしっかり楽しんで穏やかな癒しに喜びを感じる人におすすめしたい体験だ。

駅から歩いて5分。あの青看板のそば屋さんと同じ建物にある。10階の広々空間。ちなみに部屋は4部屋あるらしい。

ベージュと茶色が基調の、シックでどこか昭和時代の高級館のような雰囲気が漂うインテリア。シャワーへ向かう廊下に飾られた写真?絵がスタイリッシュさを彩る。シャワー室も広い。着替えるエリアは生活感があり殺風景ではあるが、まぁそれはよしとして。

セラピストは東崎ももこさん。とても愛嬌のある大人女性。容貌、対応から大人ならではの艶っぽさもしっかり裏に潜んでいるのを感じる。さらさらと柳のように流れる長い髪。その髪の先にはつい目がいってしまう胸元。。だだだ大

メンズエステ歴はまだ短いようで、でも、マッサージがかなり本格的。一般のエステが本業ということで納得。筋肉のほぐれるポイントをしっかりついてくれている。グッとツボ押しもいいし、リンパ流したり。足元から背中へ。滑らかで軽快、でも丁寧さのあるストローク。

マッサージを受けながら、話が盛り上がった。壁のない人だ。話していて面白い。

「自分でもいつか●●●がやりたいんです」

夢がある人の話は面白い。刺激的。頑張ってほしいな、と思うと同時におまえもな、と自分で突っ込む。

「私の武器は知識かな」

マッサージの勉強を本格的にしている。アロマ検定も1級取得。他にも「●●を学ぼうと思ってるんです」と向上心がすばらしい。

マッサージのあとになぜ水を飲むのか。それは、リンパを流して体中を巡る老廃物を対外へ排出しなければこのマッサージの意味がないので、水をしっかり飲んで尿として排出した方がよい、とのこと。恥ずかしながら初めて知った。僕はこの日以降、マッサージの後に水を買って飲むようにしている。心の満足はもちろんいいけど、身体もセラピストさんが気持ちを込めてほぐしてくれたものを無駄にしたくはない。身体って面白いな。

鏡は横にひとつ。目が合わずとも、心は繋がっているような感じで、心地よい距離感だった。それはこういうコミュニケーションがあったからこそだ。

カエルや4TBはソフトめ。うつ伏せでの仰向けデコルテもスタンはありそうでないのだけど、手はしっかり伸びてきた。。ぐあ

そう、ドキっとするポイントもあるにはある。仰向けになると、ももこさんが間に入って、足にオイルを塗る。それが妙に色っぽい。滑らかさはより増して、ぬるーり。さらにドキドキしたいならホイップ推奨。一気にテンションは変わる。大人女性の魅力。本格マッサージのテクニックでペチャペチャタイム。あああふあああ

「●●敏感だね・・・」ってドキリなセリフもあった。もしかしたら僕の見れなかった世界があるのかも??どんな世界が作れるかは、二人次第。

Lupin(ラパン)東崎ももこ
http://lapin-esthe.net/detail.php?user_id=0052