【体験】池袋 いやし処 螢屋(沙也加)〜技術なんていい。この人自身に魅力がある〜

どうも、ネクです (@MensBZ

不思議だ
こんな珍しい体験は
なかなかない

マッサージの技術は別にいい
この子のキャラクターに
また会いたくてたまらないのだ

おじさんになってきたな(笑)

今回行ったのは、久しぶりに
池袋の店舗型メンズエステ
いやし処 螢屋

こちらの指名したセラピスト
沙也加さん

キャバクラ行かないけど、キャバクラにハマる人の気持ちがわかる、すごいわかる。

今回、そんな体験

 

 
 

非常に魅力的な女性

話せば話すほど、面白い。

この子の芯がある性格や、少し変わった生活、趣味や運動など、掘り起こせばどんどん出てる話題。

終わった後に、元キャバやクラブで働いていたというのを聞いて納得

ハッキリ言って、この子はマッサージは上手くはない。これは本人も自ら言っている。「私、マッサージ上手くないからね(笑)」「そんなにキワもやらないよ、期待しないでね(笑)」と言われるほど(笑)こんなことないよ、普通。こんな潔さある?清々しい。

しかし

それが、どうした

終わってみれば、この子の魅力にハマってるよ

人見知りするらしいが、だんだん仲良くなると、○っ○に○○○したりするとか。帰り側、5分程時間があったので座って談笑。隣に座っただけで、ドキっとした。言い忘れたが、なかなかの美人さん。昔、キャバやクラブを渡り歩いてきただけのことはある。今はしっかり卒業して社会人やっている女性なので、大人の落ち着きもある。しかも、なんか雑談のときの私のコメントに喜んだのか、手も繋いできた。ドキドキした。キャバクラってこんな感じで楽しむのか?(笑)

最初からすごい展開を望まないのも、1つの楽しみ方ですね。 やはり人見知りや警戒している人も多い昨今。1回目の出会いで全てではないことは、ただあるんだなと。

聞いたところ、沙也加さんよりも若い子が週1くらいで150分予約してきたり、すごい遠くからわざわざ通う経営者がいたり、さらには教師など、この子にハマって通う大勢の男性がいるようだ。ちょっとわかる。

マッサージは二の次

正直最初はなんか微妙な展開かな、と思っていた。記事どうしよう・・・と。マッサージはふくらはぎを優しく押し流す。トーク寄りの姿勢がわかったからだ。さらには、カエル足も4TBもない!!仰向け早めになって、ckb無しデコルテ。跨いで乗って足なでなで。マーメイドでなでなで。

だが、突然、本当に突然、奇跡の密着施術。すごい圧力で突然OPIはもちろん、全身で密着してきた。ものすごく柔らかくて気持ちいいマ。さらに突然、CKBもコネコネ。太ももで鼠蹊部圧迫。あれ、やばいやばい。これだけで満足しちゃう。やばいやばい。

「これ、もっと長くやりたい」と言うと「みんな、それ言う(笑)オプションにしてほしいって。でもやらなーい」こういうサッパリ感が良い。だから、イジりやすいし、笑いも絶えない時間。これもキャバクラ時代のコミュ力だろう。

今回はホイップをつけたのだが、横に座って、硬めの泡を塗りたくる。「他の人どうしてるかわからないけど、期待しないでね(笑)」というがトークしながら、片手は思いのほか、驚く触り方。十分ですよ、これ(笑)

キャラクターが素晴らしい素質

「トークしたくなる女性」という簡単な言葉でこの女性の魅力は片付けられない。

イジりがいがあって、よく笑い、素直に話して、子供のように笑う。そして、どこか秘密も感じる。(あと、すごい花粉症)

初めてマッサージ抜きにトークしたくてリピートしたくなった女性。1年やってたくさんのリピートに支えられてるのも、納得できる。

メンズエステの楽しみ方は人それぞれ。そんな中で女性と話す時間を大事にする人もいる。そんな人に、今回の沙也加さんはとてもオススメ。超オススメ。キャバクラ感覚だっていい、この子と一緒にいるときは。

それにしても、あの突然やってくれた密着添い寝施術が爆発的に気持ちよかった。あれを受けたくて、また行きたい(笑)そのくらい気持ちよかった。それ以外マッサージは普通だったから(笑)

ほんと、とてもステキな女性だった。

いいなぁ、こういう体験も

体験したメンズエステ店

店舗名池袋 いやし処 螢屋
セラピスト沙也加さん
コース90分コース
オプションホイップ
合計料金16,000円

過去のメンズエステ体験

【体験】いやし処 螢屋 池袋(りな)〜OPIスタン固定地獄(天国?)〜

2018.11.25

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    メンズエステ歴約8年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。