【メンズエステ体験】蜂蜜 五反田(はるな)~見せ場は中盤からの盛り上がり~

蜂蜜 五反田(はるな)体験談

シュウです。

今回は五反田・大崎の「蜂蜜」へ。セラピストは「はるな」さん。

自分は単純なもので、密着やボディタッチにすこぶる弱い。シャワーへ案内時に手を繋いでくれるだけで少しウキウキしてしまう、イタイアラフォー男子(?)であります。今回も、そんな始まりに浮かれた一日。

恥ずかしいくらい本当に単純で、うつ伏せカエル時に、顔を腰に落とされたり、仰向けで手の平を手の平でガッチリ拘束、などは結構メロメロ状態に陥ります。陥りました。こう書くと自分が本当に幼いなぁと思えてくるのですが、男なら触れられて悪い気はしないですよね?

でも、いや、実を言うと、正直、うつ伏せカエルは「・・・?」と思いました。最初の段階では。ゆっくりとしたタッチでトテトテと鼠蹊部周辺を歩き回る指は悪くないのですが、遠い。遠すぎる。

明るく愛嬌のあるはるなさんのトークは色気を匂わすものではなく、楽しい雰囲気を創り上げていくもの。だからその時点では余計に、これは、うーん、と。自分にとっての救いは、そのとき腰に、コトンと落としてきたはるなさんの頭でした。ドキドキ。

今思えばあれは、砂の真ん中に立てた棒を交互にかき分けていって倒したら負けゲーム(名称知らず。。)でいえばひとかきめ〜ふたかきめくらいだったのかもしれない。いや、今ならそうなのだなと思えます。

なぜなら、このあとの展開が・・・え!え!え!!!という具合。

4TB、紙Pを・・・という始まり方でゾク。決してド直球ではない、偶発的な出来事のように済ませるテクニックにゾク。仰向けでは、足をくの字にさせたりM字にさせたり、M字のときなんては、グイっとなって自分の足は子鹿状態に。。寝転がっているのに。。何を言っているのかわからないと思いますが、答えは現場にあります!

最後は、密着とまではいかないにしても嬉しい距離感での施術に、メンズエステ界の三途の河のほとり、渡る寸前、「シャワー用意してきますね♪」で終了のサイレン、ウー。なんて殺生な。。男の悦びポイントを知っている。キャリア2年という実績は伊達ではありませんでした。年齢よりも落ち着いて見えます。見た目や雰囲気よりも楽しさやドキドキを優先したい人にオススメかもしれないです。

この日は午後早い時間から予約できたおかけで、なんと早割4000offと太っ腹な割引を適用され、コスパよし。完全個室とはいえすぐ隣が部屋で声などは耐えなければなりませんが、物音などそれほど気にはならない程度。セラピストさんとの2人時間は満喫できる環境にありますので、堪能しましょう。

体験したメンズエステ店

店舗名蜂蜜
セラピストはるなさん
コース90分エグゼクティブコース18,000円
オプションディープリンパ2,000円
合計料金16,000円※早割-4000円割引

1 個のコメント