【攻略】初心者向け メンズエステ店の選び方【2018年9月更新】

どうも、ネクです (@MensBZ

今回は初心者向け

メンズエステの選び方

自分の失敗経験談から、選ぶコツをまとめてみることにた。

かれこれ、8年ほどメンエスには行っていますが色々なお店を経験してきました。

天国も地獄も経験しました。

何度かこの業界がイヤになったこともありました。

しかし、きっとこの業界は今後、究極の癒しを作ってくれると信じて、今後も行き続けています。

さて、さっそく選ぶコツをまとめていきたいと思います。

 

 
 

オープンしたての店は注意

これは、新規店舗はまだ有能なセラピストさんを集めきれていない場合がある。

最近では、セラピスト経歴がそこそこ長い人が新店舗をあえて狙い、入店する場合がある。そのほうが先輩となり立場上やりやすくなるため。

そういう場合は大丈夫なのだが、それを見破るにはプロフにどう書かれているかによる。もしプロフに書いていなくても、電話やLINEで予約をするときに、経験年数を聞いてみよう。それを正直に優しく話してくれるスタッフがいる店舗はある程度信用してもいいかもしれない・

あと最近は、ツイッターの運営を見て決めてもいいだろう。そこに人情や真面目さが垣間見えると、どれだけ本気で運営しているか判断できるかもしれない。

なので、オープンしたばかりでも、ツイッターをチェックして体験記事がどこかでアップされるのを待つといいだろう。メンズビズでも、なるべく新店舗へ凸撃して記事はあげていきますのでご期待ください。

まずは90分コースを

これは上記にからむ話だが、新店舗はキャンペーン価格でコース料金がとても安い場合がある。

数年前の体験だが、あるオープンしたばかりの店舗で、キャンペーン価格で150分18,000円だったため、速攻で予約。

すると、実際訪問してみると、セラピストが素人であったため、とても苦痛な150分だった・・・。

お金はかかるが、一度90分で利用してみてリピートしたくなったら、次回の予約で長いコースを予約するといいだろう。

しかし、やはり相手は女性。

相当なプロでない限りは、150分は長すぎて、だらけてしまう可能性もあるのので、相手の実力、性格、本音を伺おう。

とても相性が良いセラピストさんだと、180分でも足りなく感じるから不思議なものだ。(イヤサーレの西山さんなどが良い例)

セラピストさんの写真

これは、より美人な女性、好みな女性を探し出すためのコツ。

セラピストさんのプロフィールページに注目してみよう。

口が写っていなくアゴからしたの場合は、2つの理由がある。

1つ目はあまり容姿が微妙な場合(セラピストさんすみません)

2つ目は顔バレ絶対にしたくない場合

昔は、1つ目の理由が多かったのだが、最近は2つ目の理由のほうが多い印象。

技術と容姿は比例しないかもしれないが、容姿の癒やしをもとめているなら注意しよう。

これもツイッター運営しているセラピストさんなら、プライベートの自撮り写真がある場合があるので、そういう積極的に写真を載せている人は判断しやすい。

しかし、経験上、会ってみると、「思っていた雰囲気と違う」と思うのが8割以上だ(笑)

プロフに経歴がある

これは文字通り、経歴があれば実力を判断しやすい。

経歴が長ければ長いほど、マッサージは得意であろう。

だが、たま〜に

経験が長くても下手な場合もある・・・。

あくまで、ひとつの判断基準として見て、一度受けてみるのが良い。

電話予約時のスタッフ対応

これも店舗の質を判断できる。

やはり丁寧な受け答えはクオリティに直結する場合が高い。

また、別件で女性の受付嬢は少し得した気分になる(笑)

おそらくセラピストさんが対応している場合が多いが、そこでも丁寧な電話対応だとお店全体の印象がよくなるものだ。

ちなみに京都のメンズエステに電話予約すると、京都弁で話す女性に癒されまくる・・・。

セラピストのランキング

ランキングをたまに載せているサイトがある。

何日か観察して順位変動がない場合、1位の嬢はスタッフと店長がだいぶ仲良いか、古い付き合いの可能性が高い。

積極的に1位を予約しよう。

また、ランキングの話しではないが、セラピストページの写真一覧にも注目してみよう。

掲載順は実は最後のほうにいるセラピストが人気の場合がある。

これはすでにリピーターで常に予約が満了になりやすいため、ひっそりと控えめに置いている場合がある。

そのため、可愛い写真なのに、最後の方にいるセラピストさんも要注意だ。

料金表の注意

これは、相場よりも2〜3,000円安い場合は要注意。

実は行ってみると、細かいオプション表があり、結局それらをつけないと楽しめない場合がある。

つまり安い値段で釣って来店させているのだ。これが大嫌いだ。

最初からホームページに掻いて欲しい。そういうところにもお店の運営姿勢が伺える。

セラピストの年齢層

これもひとつの判断基準として、年齢が高ければ、経験が長く上手い可能性がある。

良い例としては、神楽坂コケットなどが該当する。

しかし時々、すごい下手なセラピストさんもいる。これは、歳をとってから業界に入った場合だ。

吸収力も弱いため覚えも悪く、素直になれないプライドだけが高いセラピストだと、そうとう悪い体験となる・・・。

まとめ

この記事の改変は2018年9月末。

最初の投稿から2年立っている。

 

正直、行ってみないとわからない。体験してみないと、わからない。

だが、それでもある程度、良い体験をするための参考にして判断してみてほしい。

最近はツイッターを更新するセラピストさんも増えて判断しやすくなった。

しかし、良いセラピストは必ずしもツイッターをやっているわけではない。(スウィートエンプレスの遼河さんなど)

けっこうSNSに苦手な人間もいる。

最後はそれぞれの「カン」で凸撃してみてほしい。

それでは、また

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約8年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。