※こちらの店舗は閉店しています。

麻布十番「CHARM(チャーム)」神崎

この体験内容が当たり前に起きているとは、思いたくない。

魅力的な時間だからこそ、慣れたくないし、飽きたくない。

良いセラピストさんだからこそ、少し間をあけて、新鮮な気持ちをいつも味わいたい。

本当は、週1で行きたいけれども。。そんな、葛藤をしてしまう。

メンズエステ体験内容

1回目のリピートが鍵となる

初体験時は、やはり単純に脳は刺激的で、盛った感覚になりやすい。

問題は2回目会うとき。つまり一回目のリピート。ここで、あれ?とか、なんか違う?など、思ってしまったら、なかなか次に繋がらない。

結局終わってみれば、神崎さんは最高だった。なんて可愛いくて刺激的な癒しだろうか。「癒し」という言葉に嘘偽りはない。なぜなら、お互いしたくてしているような力が自然とこもる愛情ハグがそれを物語る。「あ、嬉しい。。」と漏れた一言は、さらに気分を高揚させる。なんて、なんて魅力的な女性だろう

これから話す内容は、真に受けなくていい。ほんと、人による。当たり前だ。だからこそ、楽しい、メンズエステは。

部屋に入って椅子に座ると、先ずはハグしてくる。椅子に座っている状態なのに。あぁ、なんと愛おしい。。数秒止まる。耳元がこそばゆい。片手が少し首元を撫でてくれる。可愛いがってくれているのか、気持ちがこもった純粋に嬉しい再会の時間。

相変わらず、気持ち良いもち肌。たまらない。着替えてシャワーまで行く短い距離でも、愛情溢れる手繋ぎ、見送る笑顔。ステキだ。

部屋へ戻る。一度シャワー室を片付けてくる。わかっている、この後の展開。普通なら、2回目はもうそれほどドキドキしないかもしれない。しかし、この人の始まり方は大好きだ。これが、他の人はどんな始まり方なのか、気になる。ここがもし違うなら、一回目で良客を徹底すると、2回目は変わるのか。こればかりはわからない。

さぁ、なんて愛おしい施術なのだ。。この切り替えで、脳は覚醒させられる。絶対に手を出さない鬼の誓い。だからこそ、想定外の施術は次から次へと始まる。

まだ、椅子にいるのに。それが、これだ。やっぱり凄い。

姿勢を変えると大きな大きな絶景。私の手は操られる。なぜこんな現実を作ってくれるんだ。どうして、どうして。なぜだ。いいのか。嬉しすぎる。素直に気持ちを伝えるが、言葉と体は違和感しかない。120分だと、このシーンはもっと長くなるのだろうか?未知の世界を今度試したい。

以下、ダイジェスト

マット

膝立ち

○に○○す

こすりつける

○○○○す

腰が砕け落ちればそのまま4TB

○○○どろどろ

○○○○こ○○

うつ伏せ

カエルとかない

全身蜘蛛に食われるような

目まぐるしい時間

ハイレベルのマッサージ

横向き○○○○

顔全部隠すスタン

いや、○○○○

OK2PZ

上から○○○○

ただドキドキさせるだけじゃない。素で笑うあどけない表情もあって。これも2回目だからこそ砕けた時間だからなのか。こういう笑顔を見られるのも嬉しい。

これからもお世話になるセラピストさん

※こちらの店舗は閉店しています。