【体験】charm-チャーム-麻布十番(藤咲)〜文句なし。こんなのは初めてだった。〜

どうも、ネクです (@MensBZ

施術中、無言。

ほぼトークなしで相手と近い距離になれた、貴重な関係、経験。

文句ないマッサージ。テクニック、仕草、動作、なんかもう。。。感動レベル。

女性の魅力に、包まれた。もう、ギリギリ。。なかなかできない体験だった。

文句なし。

体験したメンズエステ店

店舗名チャーム 麻布十番
セラピスト藤咲さん
コース90分 18,000円
指名料1,000円
新規割引-1,000円
オプションオプション1,000円
合計料金19,000円

過去記事

【体験】charm-チャーム-麻布十番(K嬢)〜小さい女性はなかなかセクシーだった〜

2017.06.12

 

 
 

店舗へ訪問

麻布十番出口からすぐのマンション。受付の女性はキレイな声で丁寧。優しい感じで印象よし。予約時に何番出口と教えてくれるので5分ぐらい前にそこに着けば全然間に合う。

セラピストとご対面

藤咲ゆきさん。写真は長髪でセクシーな雰囲気。実際はショートカットに変わっていた。キリッとした猫目だけどキツさを感じないのは、丁寧な物腰と表情全体の豊かさからかも。小柄でスタイルよし。

マッサージ

たまに思うのは、接客や施術を受ける中で、作業・業務的なものを感じとったときに、冷めていくものがあるな、と。自分にとって心に残るセラピストさんは、そういう面を全く感じさせない。ゆきさんと最初出会ったときに、失礼だけどそういうものを若干感じた。凄く丁寧だったから逆にそういうところからそういうものを感じ取ってしまうときがある。

しかし、結論をいうと、これは大きく間違っていた。愚かすぎるほどに。ほんと、まだまだだ・・・。

〆みたいになるけど、最初に言いたい。オプションをつけて、ぜひじっくり堪能してほしい。もちろん、手は出さないというルールは守るよ、ということが相手にしっかり伝わり、気持ちよいときは素直に表現して、ありのままでいれば、の話。そしたら、ものすごく、ものすごく、ものすごく素敵な体験が待っている、はずだ。

とても、テンションが上がった。素直に、今日すごく良かったよ、と、自然と笑顔になるよな、実際最後はそんな具合で伝えていた。

 

個室で2人。くっつきすぎると怖いな、とか、恥ずかしさがあったり、セラピストさんもいろいろな気持ちがあるのだろうと思う。でもそれはとても自然なことだ。今日もそんな中で、施術が始まる。ゆきさんにもそういうものはあるのかもしれない。けど、感じたのは、「振り切れているな」、ということ。もうそういう次元にはいないようだった。

最初、いつも通りの楽しく会話しながらのスタート。ではあった。

でも、急に幕が降りた。

というか、降ろされた。話が急に止んだ。会話の流れの途中だったのに。ほんとに急に止んだ。だけど、自然だった。今思えばそれが、これから始まるよ、というメッセージだったのだな。

そこからはもう、結果的に指示以外、会話は交わさなかった。

圧巻、圧倒

足のマッサージにしても、動きの一つ一つに無駄がない。体を足に密着させながら、猫のように背中からお尻をくねらせながら、手はしっかりほぐし。オイルは、ゆきさん自身の手に塗るのではなく、ポタポタと、垂らされる。惜しみなく、直接垂らされる。垂らす手つきまで、色気があり、ダンスの振り付けのように、出来上がっている。

足に乗っかるとき、身体を預けるとき、どこかしかほぐされているとき・・・常に、女性を意識するようなことを満遍なく、ゆきさんはしてくれる。ときめき、ドキドキの連続、積み重ね。少しは、普通は、山あり谷ありで90分が作られていくと思うが、この日は違う。高い山のままなのだ。こんなことはそうそうない。。。

カエル足になってください、などは言わない。足少し上げてください、と言われて、あげたら、いろいろされているうちに、カエルになっている。こちらに負担をかけない。手や足や身体全体を使って、こちらの身体をすごく滑らかに動かす。すごい。。こんなことも、初めてだった。。。

無言で続く施術。早々から枕元にきてくれて、大胆なアングルでの背面マッサージ、吐息を感じるほどの距離で背中にぴったりくっついてのほぐし、男が喜ぶであろうことを、物怖じせずにしてくれる。

4TBは少し変形型。このあたりからは、僕は、壊れかけ。最初我慢していた声は、段々ブレーキがはずれていった。それはすごく自然なことだった。

ただ、不安になったのは、ゆきさんがこちらの反応を気にしていない様子、というか無反応だったからだ。声を出そうが、何も言わない。最初に言ったような、作業的なものなのかな、と感じたりもした。でも、もしそうだとし、それを差し引いても、既に満足感はかなりあった。それだけ施術がすごく、良かった。

そして展開が楽しみになっていた。次はどんなのが来るんだろう?テクニックと、妖艶さが花開いた施術。

そう、ちなみに伝え忘れたが衣装はアレだ(?)。ゆきさんのスタイルの良さが全面に。しかも●タイプ。時折、●を●び直すゆきさんの色っぽい姿に・・・沈

ゆきさんはお構いなく、臆することもない。目のやり場に困ってしまうくらいだった。いろんな角度で、ゆきさんを楽しませてもらっていた。それでも不安はあった。

その不安が嘘のように消えたのは、仰向けになったときだった。

仰向けになると、さっきよりもどんどん近くに、ゆきさんを感じられた。物質的な距離+心の、見えない距離が一気に縮む。

今までになかった、目が合う。目を見てくるようになった。その目に・・・やられてしまった・・・なに・・・その目はなんなの・・・目で物を落とすような・・・背筋にゾゾっと・・・え。。ずるいそれは。。。あああああああああぁぁぁぁぁぁぁあ・・・おちるううううううううううう!!

身体は密着。ゆきさんが、こう・・・・・・僕の・・・ゆきさんに・・・そう、これで、受け入れてもらえたんだなって、安心をした。

そしたら、さらに、さらにブレーキは外れた。ゆきさんの中に落ちて、落ちて、ゆきさん、目がまた・・・やっぱりダメだ、ダメだダメだダメだだめだめ・・・落ちるよ・・・もうぅぅぅぅあぁぁぁ溺

ゆきさんが、笑っている。目尻と口角だけの微笑み、口を開いての笑顔。初めて見せた、表情。もっともっと、近づけた気がした。

終わりのときのハグは幸せだった。最後のおまけで・・・すみません。惚れた

まとめ

シャワーを浴びて、着替えたあとまで男心をくすぐることをする。あんなのも初めて。

ほんの5分くらいだけどゆっくりとした時間に感じた、最後。

「●●●しいですね♪」なんて言われて、それはゆきちゃんのせいだ、イヤイヤ、●●さんがですよ、イヤイヤ引き出したのはゆきちゃんでしょう、なんて賑やかに話す時間まで含めて、最高でした。凄い。まんまとハマるよ。リピ確。

会いたい、とは違う。いや、もちろん会いたいのだけど、また「受けたい」と思う。最高級のエンターテイメント。メンズエステの魅力。これぞ。みなさんも、ぜひ。

あ、おいたする人は、目で●●みたいなので、お気をつけて。。。

ではでは

※今現在、直近で出勤がないようだが焦らず待ってほしい。

【チャーム 麻布十番】
http://www.charm-azabu.com/

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    メンズエステ歴約8年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。