どうも、ネクです。

今回のメンズエステ体験談は、浜松町「アロマブラッサム」安仁屋うみ  icon-external-link さん

むっちゃくちゃ母性滲み出しまくり

見たまんまセクシー

見たまんまママ系

見たまんまプンプン色気

甘えん坊さん
いらっしゃい

飛び込んじゃおう

監修者ネク

監修者:ネク
メンズエステ歴は約12年以上。 初めて行ったお店は小伝馬町にあった「シエスタ」。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。絶対的受け身のドM。常に非日常な時間を求めている。

ネクのプロフィール詳細

体験したメンズエステ店

体験したメンズエステ店
店舗名 アロマブラッサム
最寄り駅 浜松町駅恵比寿駅中目黒駅
コース 90分コース
オプション 無し
指名料 1,000円
合計料金 18,000円

セラピストについて

セラピストについて

セラピスト写真

プロフィール

名前 安仁屋うみ  icon-external-link さん
年齢 36歳
身長 158cm
血液型 O型

会った印象

理想的
母性ムンムン

美魔女セラピストさん

背が高くグラマラスボディ

色っぽい声だけでクラクラするレベル

しかもあるシーンでいきなり甘えてもいいのよ?と言わんばかりの語尾が赤ちゃん言葉まで発する

それ聞いて「これは甘えん坊はすぐスイッチ入っちゃうんじゃないか・・・」と思ったほど

もちろん別に甘えん坊じゃなくなっていい

大人な落ち着いた色気ある美魔女としてなんと魅力的なことか・・・

女性用エステも現役で働いていいたり、ダイエットの知識から、神秘的なことまで、幅広い領域を熟知しているようで、色々話すだけでも楽しい女性

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 背が高くてセクシーなママのようなセラピストさんに出会いたい
  2. しっかりゆったりマッサージを受けたい
  3. 可愛がられるようにいじめられたい

[ PR ]
人形町百万石

施術内容

施術内容

包まれる

物理的にも
精神的にも

本人も言っていた

「溶かしちゃおうと思って」

はい、溶けました

佇まい、声、目、そして施術・・・

すべてが「甘えていいのよ?」と無言で訴えてくる

母性の沼

施術はしっかりとしている

メンズエステ歴も長いし何も問題なく、とても気持ちよく居心地が良い

最初からとてもとても近い距離感、耳元でささやくように声をかけて、しっかりマッサージ

世間話はするが、圧倒的な母性の塊のせいで、この後の展開を妄想してしまう

集中できない

わたしはどんなふうに・・・

直角スタイルで想像どおりに起きてしまう

ゆっくりと味わう

もうお互い無言

自分の弱いところはすぐに見つけてくれる

三角スタイルはもちろん凄かったのだが、その後の膝お座りが本番だった

おそらくずっと、狙いはそこに定めていたんだろう・・・

明らかに時間長く、たくさんケアされる

地獄的に気持ちいい時間

[ PR ]
人形町百万石

仰向けは、もうシンプルに・・・

めっちゃ見られながら

「かわいいね」と言いながら

近距離で包まれる

とことん、ずっと・・・

マスク越しでも微笑む目にどんどん引き込まれていく

・・・これ以降、もう語る必要ないだろう・・・

圧倒的理想な母性プンプンの美魔女

出会えそうで出会えない、そのオトナ女性の醸し出すオーラ

どんどん引き込まれる

「溶かしちゃうよ」

そうハッキリと言う

帰り際

「もっと甘えていいのよ?」

そう声をかけてくれた

凄い甘えられそうな美魔女セラピストさんでした、オススメ!!!

ライター:ネク

体験評価(5点満点)

体験評価
マッサージ
4.3
施術の流れ
4.2
距離感
4.5
焦らし
4.5
癒やし
4.3
母性と色気
4.6

母性と色気。これにつきる。絵に書いたような甘えたくなりそうな美魔女なセラピストさんとして、大変オススメしたい。

セラピストの詳しい出勤情報はコチラ

体験した店舗情報

体験した店舗情報

アロマブラッサム 

浜松町「アロマブラッサム」

  • カード
  • 深夜
  • 24時間
  • 出張
最寄り駅
浜松町駅恵比寿駅中目黒駅
電話番号
03-6451-2285
営業時間
10:00-翌5:00
最安値/時間
11,000円/60分~

セラピストの詳しい出勤情報はコチラ

過去の体験記事

過去の体験記事

浜松町メンズエステ「アロマブラッサム」西山みく〜超美貌と怒涛な展開の体験レポート〜

2022年10月18日

浜松町メンズエステ「アロマブラッサム」井川まなみ〜大満足な心地よい余白〜体験レポート

2022年9月19日

浜松町メンズエステ「アロマブラッサム」栗山さくら~耳を澄ませば彼女のサンクチュアリ~体験レポート

2022年7月21日