赤羽「Bitter ビター」佐藤

赤羽 Bitter(ビター)。Men’s BZでも何度も登場している。90分14,000円。極地デフレ発生中。こういうお店でよい体験をすると、値段と満足感は比例しないのだなと毎回思う。今回も、しかり。

「え?ここ入っていいの?」

電話で案内を受けながらも周りをきょろきょろ見渡してしまった。面白いロケーション。ご存知の方はお馴染みなのだと思うが、僕は初。恐る恐る路地入ってみると、また思う。「ここ・・・なの?」チャイムも昭和。中へ入ると、おばあちゃんちの香りが充満する部屋。面白い。

結論からいうと、すごく、シンプルに楽しかった。暗がりの部屋の中で、心が躍る。リズミカルな会話のやりとり、天真爛漫な振る舞いはとても愉快だったし、精神的にもほぐれた。矢継ぎ早に飛び出す言葉の数々。それらを楽しく打ち返している間に施術も進んでいく。暗がりの和風部屋で賑やかにワイワイとした雰囲気。

でも、楽しいだけではない。大人女性のなまめかしさ。そのときは急にくる。何がスイッチだったのかはわからない。繰り出すリズム。波動。その波に乗っかっていれば、自然とそのときはくる。急変する流れに、脳みそはグラグラグララララ・・・。これで90分14000円(OPにディープリンパ)は、申し訳なくなるぐらいだ。

セラピストは佐藤さん。高樹沙耶に似ているなと思ったけど、かつて沖縄の某スクール出身のダンスユニットの某に似ているとよく言われるらしい。うーん、その人より綺麗だ。

「男って、そういうもんだよね」というひと言で大体片づけてくれそうな余裕を感じる。元々年上女性が好きな僕は、ずぶずぶ魅力に引きずり込まれていく沼。ヤバい。。。ハマってる。。。普通に話しているだけなのだが、求めたくなる自分がいる。

スポーティッシュな体つき。「下半身が太ってる」っていうけど全く気にならない。むしろこのムチ感がたまらないという人は少なくないはずだ。しっかり肌の触れ合いをしてくれて、身体全体で楽しませてくれる。足裏へのポジション、FTMでのスライド。その世界にどっぷり浸かろうとすると、明るい調子で楽しく会話。ぐいっと引き戻される。。。ああ・・・

ストレッチも間に挟んで少しクールダウン。手をぐいっと後ろに取られてぐぐぐっと持っていかれる。手の先は動かすと×××。大人しくストレッチに集中。

肩甲骨をマッサージしていたときの、布石。少なくとも僕はそのあたりで完全にスイッチが入ってしまった。 もうだめ。背中に手を回し、佐藤さんが乗っかると・・・ァ!?!?!?!?・・・偶然だとは思う・・・でも指がちょっと危険区域。このスリル。まずいぞまずいぞ。

世界は変わった。急変したあとは沼の荒波。溺れないように必死。死ぬ。なんだこの変わりっぷり。

明るく話していた佐藤さんも、いつしか口をつぐみ、静かだ。そして、表情は目を瞑っている。身体をくっつけてSKBへと伸びてくる手に、つい身体に力が入って声が漏れる。・・・あ。さっきまでの佐藤さんからは想像もつかないような声が時折漏れる。ドキドキドキ

佐藤さんの手は下腹部を大胆に左右へいったりきたり。敏感な表面をかするたびにあうあうあうあう

ロデオになるとさらにビッグウェーブが襲ってきた。その動きはもう・・・●●●・・・もう溺れるしむ。佐藤さんの表情は今日イチ、奥底から溢れ出す色香。

倒れこんできた佐藤さんとひとつになる。力が入ってしまう。するとさらに、佐藤さんの耳を震わす色っぽい声。6回死んだ。

外側から太ももを挟まれながら、 SKBをリズミカルに通過していく。手はキワみを増して、密着で高まる緊張感と抑えがたい高揚感に包まれながら、終了。。。

終わったあとは、通常の佐藤さん。最後の最後まで楽しく話す。この奥深さと幅広さ、大きい。自分はまだまだコドモだな。。。また浸かりたくなってる魔性の内容・・・。

ライター:シュウ

評価(5点満点)

  1. マッサージ 4.0
  2. 施術の流れ 3.8
  3. 密着 4.2
  4. キワキワ 4.5
  5. イチャイチャ 3.4
  6. 天真爛漫 4.7
  7. からのギャップ 4.8

エステ店内風景

赤羽bitter 店内写真1 赤羽bitter 店内写真2

セラピストPhoto

赤羽bitter 佐藤

店舗リンク

赤羽Bitter 佐藤さん
http://www.bitter-aroma.com/therapist/