麻布十番「AMAN azabu」藤本はるか

今回の体験談は、麻布十番アマンアザブの「藤本はるか」さん。

麻布十番にあるメンズエステ「AMAN azabu」のセラピスト「藤本はるか」さんの写真です。

過去一と言える
超ウブな癒し系

こんな人におすすめしたい。

→いつも激しい毎日で疲労しきっていてちょっと落ち着きたい

→熱いメンズエステよりも温かいメンズエステで癒されたい

しっとりと落ち着いた綺麗系の美女が多いアマンアザブ。そんな中ではるかさんは、今まで出会った女性とはまた違う飛び抜けた個性。

こんなに儚く消えてしまいそうな可憐な乙女に会ったことはない。

触ったらすぐにバリンと割れてしまいそうなほどの、儚さ。ほんと手出し許さぬ!!!

なぜここに?とすら思った。目が合うとすぐに伏せてしまうシャイな少女。女性同士で働く社会に身を置いてきて、男性慣れしていないことも、垢抜けていない理由のひとつかもしれない。

他のエステの経験はあるらしい。それでも敢えてメンズエステを選ぶのは・・・

「メンズエステならではの
癒しがある」

はるかさんは言う。そして正直に話す。

「もっと色気が欲しいんです・・・」

僕はこのままでも十分魅力的だと思った。だってこれがはるかさんの個性。そしてこの純情さを好きな男性は、結構いると思う。しかも、これはこれで結構・・・スれてほしくないなぁ。まぁ勝手な思いだけど。

真面目な表情の中、ときおり、くすっと笑う姿が可愛らしい。そして常に、女性らしい気遣いに溢れた空間。

「気温大丈夫ですか?」

「あ、今足当たりました?大丈夫ですか?」

「この体勢辛いですよね。」

いや、気を遣いすぎなぐらい。

大丈夫だよ

と声をかけてあげたくなる人。とにかく、一生懸命なのだ。

男の素直な反応が申し訳なくなってくる。

アマン特有の流れ。最初のうつ伏せで、太ももに埋まるあの体勢。あれもなんだか申し訳なくなるくらい。カエルや4TBでビクンと反応してしまうのもなんだか申し訳なるくらい。すません。。。

守りたくなるような可憐な女の子。あの場所ではそれが妙な色気に感じるときもある。だから・・・反応してしまう・・・男のサガ。。。

絶対に触れてはいけない。ただただ眺めるだけ。一緒にいるだけで癒してくれる。それだけで十分な存在感。もう妖精だ。傷ついた心や身体を回復してくれるから。

タッチはものすごく優しい。強めも可能とのことでそれは希望を伝えればしっかり力を込めてやってくれる。

鼠蹊部から縦横無尽に動く手の、コツコツと優しい感触を感じるそんなシーンもところどころで、ある。仰向けで、密着しながら、ぴったりとくっついて、近い距離感にもなる。

はるかさんを感じて、つい反応してしまって、「ごめんね」て謝るという。。こんなことは初めてだ。。。なんとなく。。。独特な世界観。

あぐらで後ろからまさぐられる。初めてCKBへのタッチ。下にも手が伸びて、首元にいるはるかさんに、ときめく。

こんな純朴な子のメンズエステは、いつもあるシーンでも妙にドキドキしてしまう。とても斬新だった。

ただただ、寝転んでいること。これこそ本来のメンズエステ。それを思い出させてくれた。

麻布十番にあるメンズエステ「AMAN azabu」のセラピスト「藤本はるか」さんの写真です。

純朴で可愛い女の子と、一部屋で一緒に過ごし、身体をほぐしてもらって、ちょびっとドキドキするようなタッチもある。うん。十分真っ当なメンズエステ。

とても前向きな姿勢の持ち主。Twitterも始めるようだ。憧れの先輩が同じお店にいるようで、そのセラピストさんから教わっていることを嬉しそうに話してくれた。

メンエスならではのお悩みもあるようで

「せっかく仲良くなっても
触れられてしまったりしてとても悲しい」

時折こういうこともあるようだ。仲良くなると勘違いしてしまうのかな。女の子を傷つけちゃいけません。男なら。手出し無用の世界。横たわっていられる紳士にこそ行ってほしい。

ライター:シュウ

評価(5点満点)

  1. マッサージ 4.0
  2. 施術の流れ 3.9
  3. 密着 3.8
  4. キワキワ 4.0
  5. イチャイチャ 3.8
  6. 癒し系の可愛さ 4.8
  7. ピュア 5.0

穏やかな雰囲気に浸りたい、純で真っ直ぐで可憐な女の子が好き、という人はたまらないと思う。フルでストレートに感じるドキドキというよりは色気のチラリズムを楽しみたい、そしてゆったり癒されたい、という人にぴったり。

コース料金

☑120分26,000円

セラピストProfile

麻布十番「AMAN azabu」藤本はるか