麻布十番「AMAN azabu」天木えま

結論。読むのはこの段落だけでも◎

また降臨してます

このお店の安定感は本当にすごいなと思う。

間違いなくおすすめできるので結論から伝えておく。こんなところに惹かれる人は、無条件で楽しめるはず。

  • スラリとしたハーフ美女
  • マッサージがずば抜けて気持ちいい
  • 楽しく会話できる
  • とろけるキワタッチ
  • 惚れてしまいそうな徐々に縮まっていく距離感
  • とろけまくるキワタッチ
  • 施術後に身体が軽くなるマッサージ
  • 上品エロス
  • とろけまくりまくるキワタッチ
  • このあたり好きな人は行ってみてほしい。そしてBZページはここで閉じても構わない。

    あ、あと写真も貼っておこう。「天木えま」さん。

    麻布十番にあるメンズエステ「アマンアザブ」の「天木えま」さんの写真です。

    写真の雰囲気もいいけど、実際はその100倍魅力的

    相性の問題はあるだろう。でも、きっと、どんな人も、えまさんが受け止めて、施術でトロトロにしてくれる。

    あまり出勤は多くないようなので、チャンスを逃しませんように。。。ああまた受けたい。

    もう点数もこっちにもってきちゃう。

    評価(5点満点)

    1. マッサージ 4.9
    2. 施術の流れ 4.7
    3. 密着 4.5
    4. キワキワ 4.8
    5. イチャイチャ 4.4
    6. たのしい 4.8

    シュウまとめ:清楚なハーフ系美女。誰しも見惚れてしまうはず。マッサージは身体の仕組みの知識が裏付けとなって、抜群に気持ちいい。安心して委ねていられる。友達のように話しながら、中盤あたりから、女性の色気が深まっていく流れにのめりこんでいくばかり。えまさんの女性としての魅力、そしてエロスにとろけた。

    では(おいっ)

    体験談

    エマさんは

    酒場で酒を酌み交わす女友達のようでもあり

    時折全身を積極的に愛撫してくれるような秘密の恋人のようでもある(いないけど)。

    やられた。とことん。

    最高に楽しかった。

    「楽しい」の質が
    前半と後半でくっきり変わる。

    120分の折り返し地点から

    何が何だかよくわからなくなり

    最後は
    ぼくはエマさんにしがみつきながら
    鳴きじゃくることになった。。。

    マッサージはプロ中のプロ。終わったあとの身体の軽さに感動した。最初は触診から始まる。そして凝ったところを重点的にしてくれる。

    そんな健全な一面と、後半の。。。

    「まだ入ったばかりで慣れてなくて」

    とはいえ、キャリアは6年以上。初出勤といいながら、「衣装、こうしようかな」「マットこうしたいな」どんどん意見が飛び出るあたりはさすが。

    日本人離れしたハーフ系美女。ピラティスで絞り上げられた抜群スタイル。凛とした佇まい。全身写真が必要という、高い採用基準をクリアしている美貌もまたさすが。

    「ちょっと長いなぁ」

    「まくっちゃお♪」

    長めの黒いスカート。個人的にこの衣装はとても好き。上品だし、綺麗。エマさんもめちゃくちゃ似合っている。肩からハラリと衣装が落ちて露わになる首筋がまたセクシィでドキッ

    美白の肌が余計に透き通って見える。まくって露わになる内腿。

    めちゃくちゃ気持ちいいマッサージを受けながら、あぁ芯のあるセラピストさんだなぁと思った。

    体験談2

    楽しい。いろいろな話をしながら、とても健全なマッサージだなぁと感じていた。

    でも、それもここまで。

    カエル。

    「あのスカスカのPだったらもっとやりやすいんですよ〜」

    そうなんだぁと相槌をうった

    さわ

    え?ん???ええあ???

    さわ

    ちく

    ううぁああ

    き、急に。。。

    その日初めての感触。その刺激が、下半身から全身に一瞬で広がる。

    肌をなでるように入ってきて、ぼくのカタチをなぞるように動く指。うわめっちゃ・・・それは。。。。。。。まさかの場所で発生するフェザー。

    オイルのボトルに蓋もうない。「こっちの方が使いやすいから」って、口の開いたボトルからオイルが臀部へ

    ぼたぼたぼtばおtばおた

    あっつ・・・ッ!

    谷間からさらに滴るオイル

    叫叫叫!!!!!

    膨張してズキンズキンと脈打つボク。身体は痙攣。もう、止まらない。そのとき、えまさんは、笑っていたと思う。。。

    清楚で華やかでしっとりと落ち着いた印象のえまさんも、やっぱり、こう、なる。。。これがメンズエステ。。。

    「では、4TBに」

    また、オイル。。。。そして

    まさかの

    「ここは、あんまり好きじゃないの?」

    見惚れてしまうほどの美女が、僕の窪みに指を這わせる

    えまさんの、脳天を突き刺す言葉が鼓膜にとろけて粘りついた。これは書けない

    舐めまわされるような感触
    浮遊する指先
    跳ね上がるボク

    しっかりと密着してくれるから、愛を感じられる。手先だけではないアプローチ。だから、余計に、ずぶずぶと抜けられなくなっていく。これは、危険な兆候。。。

    「では仰向けに」

    ビクンビクンと躍動する自分の脈を感じながら、天を仰いだ。僕は完全にエマさんのものになった気分だった。

    「デコルテも堅いねぇ」

    ほぐしながら、また手の矛先は血が結集する場所に延びていく。僕は目を瞑っていた。そしたら・・・

    「私、これ、好きなの」

    ・・・ああ

    とろける密着

    心臓が破裂しそう

    好きになっちゃうこれ

    「すごい・・・なってるね」

    咆哮した

    覚えておいてほしいこと。横を向いてはいけない。ずっと、天を仰ごう。横を向いた瞬間、世界は終わる。上だけ向いていれば、エマさんの柔らかいぬくもりを感じていられるはずだ。

    ここからは、さらにエマさんの官能的な世界を堪能することになる。

    僕はとことん、さらけ出した。そして、露わになったボクを、たっぷり愛してもらった。たっぷりたっぷりたっっっっっぷり。もう骨抜き。

    ラスト。ひとつに重なりながら、エマさんの温かさに包まれて、熱い密着で見えた限界地点。ひぃひぃ鳴くしかなかった。恥ずかしさも何もない。エマさんにされるがまま、ただただ、鳴くのみ。。。

    ・・・・・

    ああ、あっという間すぎた。。。

    愛おしくなり、力を込めてハグをする。

    限られた時間の中で、この部屋の中限定の、恋。

    ・・・・・・・・

    ああ、最高に。。。

    ・・・・・・・・・・

    「出会ったときから、
    なるべく一緒にいる時間を増やしたい」

    着替えのときから、肌に触れる時間、会話をする時間を増やして、お客さんと離れる時間を少しでも無くしたいらしい。単純にエロスなだけではなくて、温かみも感じるのはその心がけによるものかもしれない。

    もう、間違いない。ご予約はお早めに。

    ライター:シュウ

    コース料金

    ☑120分26,000円

    セラピストProfile

    麻布十番「AMAN azabu」天木えま