【新宿体験】『OneCarat』ワンカラット(相沢桃華)〜高級感を体現〜

どうも、ネクです (@MensBZ

メンズエステで、たまに見かけるのだが「高級メンズエステ」というワード。これ危険、ハードル上げすぎ。何が高級なのか? 女性の容姿? 部屋のデザイン? 高級って言えば値段も上がるし、求めるハードルは上がる。そんな疑問を持っていた。

今回さっそく2回目となる西新宿のワンカラット。今回は一言で「高級感」を体現していた。どこかメンズエステではないような違和感もあるほど。

体験したメンズエステ店

店舗名西新宿ワンカラット
セラピスト相沢桃華さん
コース90分16,000円 指名
オプションDeepリンパ10分2,000円
合計料金LINE登録割引適用 17,000円

過去のメンズエステ体験

【新宿体験】『OneCarat』ワンカラット(永瀬ななみ)〜色々なものが溶ける〜

2018.09.26

 

 
 

店舗へ訪問

新宿5丁目駅のA1出口より徒歩すぐ。外観は古めだが中はキレイ。

セラピストとご対面

今回は相沢桃華さん。美しい、すごい美人だ。なんやろ、この容姿の整ってて美しく、メンズエステっぽくないというか、髪型、衣装、イヤリングまで、いつもお会いするセラピストさんとは違う。この雰囲気は施術でも反映されていた。接客もキレイで美しい、濁りがない。だが、お茶目な部分もあった。紙Pを履かせてくれるときに上手くいかず焦っていた。可愛い。さらに実は、帰り際に関西弁が漏れた。そっちの出身らしい。

部屋はオシャレ。アートな大きな写真やシャンデリア、革の椅子など、バランスよいセンスある部屋。

シャワーを浴びて部屋へ戻りうつ伏せになると、シャワー上がりの体の水滴がないか、一度タオルで拭いてから、別のタオルに入れ替えてかぶせる。部屋の温度確認はもちろん、オイルの温度も気にかけてくれて、途中で温め直してくれた。

元々は派遣メンズエステをやっていたらしい。同じくらいの値段(90分18,000円) たまに、こんな有名人が!?という人も利用されていたそうだ。ちなみに施術で4TBはあったという。

マッサージ

安心できるマッサージレベル。長年の慣れた手つき。若そうに見えるが、相当長いようだ。細かい年数を聞くのは野暮だと思った。

また集中するタイプのようで、話さなくても良い雰囲気で進む。こちらが気持ちよく声を出しても、乗っかってくるタイプではない。淡々と確実に施術をする。高級感優先なのでイチャイチャ系よりは、品がある整った流れと確実な気持ち良さ。だが、鼠蹊部ドカンケアが、ちゃんと、ちゃ〜〜んと行う。

全体的にそういうバランス。だがちゃんと鼠蹊部は気持ちよくなっちゃう。OK2ラインもちゃんとケア。だが品がある指先の動き。たまりません。すごく美人さんがやってくれているというのも、さらにテンションがあがる。

4TBしっかりがっつり。そのまま起き上がって膝に座る施術も行った。CKBと鼠径部しっかりと。遠慮ないはないが、指先の動きは上品にネットリ。恥ずかしい、とにかく恥ずかしい。だけど気持ちいいから、どうでもよくなる。

仰向けは、こんな衣装だがOPIスタンしながらデコルテマッサージも行う。弾力あるOPI。CKBケアはゆったりと。そのあと、仰向けカエル、マーメイドと進む。途中よく思った、「すみませんこんな私のために・・・」ってなくるくらい、なぜこんな可愛い女性が上品な服でこんな施術を・・・、と不思議な感覚になる。良い意味の歪んだ時間。パーク○イアットの中にあるメンズエステですか?ここは

ラスト10分はDeepタイムが始まる。まずは、横向きになり鏡を見ながら、差し込まれる腕、気持ちよすぎる鼠径部。さらに、鏡を見ながらあぐらをかいて、後ろから両手が這いずり回る。さらにさらに、壁に手をついて、うわあああああああああああああああああああああああ。そして、仰向けに戻って仕上げ施術と進み、終わりとなった。詳細は各自でご体験を。

まとめ

とにかく高級感がある。ほんとこんな可愛い女性が、やってくれるの??と躊躇する。衣装の関係?で密着は少なめだが、手さばきは見事だ。最後はくだけて話せて、ちょっと関西弁を聞けてなんだか良かった。それにしても派遣出身は施術しっかりしている、レベル高い。

ではでは

【西新宿ワンカラット】
http://shinjuku-1ct.com

→ 新宿のメンズエステ体験談を読む

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約8年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。