【まとめ】セラピストさんはこんな気持ち【聞いてみた】

ベテランとまではいきませんが、僕も都内のメンズエステで、かわいいコやキレイな方、ギャルから熟女まで、

いろいろなセラピストさんのマッサージを体験して、メンズエステで本当の意味でリラックスできるようになり
ました。

セラピストさんとおしゃべりを楽しむ余裕も出てきたので、今日はそんな会話の中で聞いたセラピストさんがお仕事中に思ってることを、みなさんにそっとお話しましょう。

ちょっとしたコミュニケーションがうれしい

「明るいお客さんが好き。マッサージが終わった後とかに、気持ちよかったとか、声をかけてもらえるとホントにうれしい」と言うのは、新宿のメンズエステで働き始めてまだ3ケ月のSちゃん。たしかにまだ慣れてなくてちょっとギコチナイ部分もあるけど、親指を上手に使ったマッサージが気持ちいい。無理して明るくすることはないけど、普通にコミュニケーションくらいはとったほうが好かれそう。

オラつきNG

Iちゃんは高校を卒業してすぐ池袋のメンズエステでセラピストになったので、若いけど経験豊富な黒ギャル。
「たまにオラつくお客さんがいるんだよね。アレは引くわ〜 仕事はするけど気持ちはアガらない」とごもっともな話をしてくれた。気分がのってくればちょっとしたハプニングもあるかも、とも教えてくれたので、マッサージを受ける側、する側、お互いの気持ちの距離感が大切なんだと思います。

SKBのマッサージはなぜ気持ちがよいのか

カラダには老廃物を運ぶリンパ液が流れていて、その中継地としてリンパ節があります。中でもSKBのリンパ節に流れ込むリンパ液は量も多くて、ここの流れが悪いと脚がむくんだり、何となく調子が悪いといった感覚になるようです。
セラピストにSKBをマッサージしてもらうと、リンパの流れが促進されて、たまった老廃物や毒素を体の外へ出しやすくなるので、スッキリ気持ちよくなるのだそうです。
それと、SKBには太い血管も通っているので、マッサージで血行がよくなって、リラックスした気分になりやすいとのことです。
これ、物知りなセラピストKちゃんに教えてもらいました。

達成感が快感

「マッサージ中にふぅーって吐息を漏らされたり、アッと声を上げられたりするとキュンとしちゃう」と話してくれたのは、上野にあるメンズエステのベテランセラピストUさん。Sッ気があるとかではなくて、自分のマッサージで気持よくなってくてれるんだなぁと思えるのが良いみたい。お姉さんタイプのセラピストに出会ったら甘えてみるのもよさそうですね。でもしつこいと嫌われますよ。

キレイなほうが良い

渋谷のメンズエステで働くYちゃんは、黒髪が清楚なちょっと不思議系のセラピスト。「ニオイフェチですけど、不潔なお客さんはちょっと苦手ですww」って言ってました。体臭とかはしょうがない部分はあるけど、爪に垢がたまってるとか、フケがボサボサ落ちるとか論外なので、セラピストさんに気持ちよくマッサージしてもらうために清潔にしておいたほうが良さそうです。

まとめ

都内だけでもいろいろなセラピストさんがいますから、まだまだ楽しいホンネやエピソードが聞けそうですね。メンズエステでマッサージと一緒に、ちょっとしたコミュニケーションでさらに楽しい時間を過ごす。なんていうのもアリなんじゃないでしょうか。