【まとめ】セラピストのプロの見極め方

今回は、
「セラピスト プロの見極め方」という話をまとめたいと思います。

プロとはもちろんセラピストのこと。

マッサージを気持ちよく受けたいのに、当たり外れがある。
もっと確実にマッサージが上手い店を選びたい。

そういう願いに応えるための内容にしていきたいと思います。

セラピスト一覧ページを見る

これは最近行ったスウィートエンプレスで聞いた話です。
この店は、セラピストの一覧に、
・写真
・名前
・身長
・セラピスト歴

が載っています。

まず思うのは、単純にセラピスト歴があれば実力がわかる、というのはもちろんですが、どうやらここにセラピスト歴があることで、求人に応募する人も振り分けてくれているみたいで、一覧に書いていることで女性が「この店は実力推しなんだ」と感じるということです。
実力に自信がない人は自然と応募してこないというメリットがあるので、こういうお店は、マッサージレベルのハズレは少ないと思います。

年齢が若すぎない

たまに年齢がかかれているセラピストページはありますよね。
本当かウソかは置いておき、若さを売りにする店は話すのがメイン、
つまりマッサージ技術は高くない可能性が高いです。

稀に若いのに上手い子がいますが、そういう子は、無口な子が多いです。

問診票を書く

これは、実際行かないとわからいのが難点ですが、可能ならブログ探して読んで情報収集をしていただけると助かりますが、つまり問診票で気になる箇所を指定できるお店は比較的上手い人が多い印象です。
やはり技術が優れた人はほぐす自信があるというか、疲れも取れて欲しいんでしょうね。
問診票がないからといって、上手い人が少ないとも限らないのでひとつの参考程度で。
これはオーナーの方針次第だと思います。
もし問診票を書くなら、ぜひ行ってみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約6年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。