【まとめ】名古屋のメンズエステ体験の総括 〜東京都と名古屋の違いとは?〜

どうも、ネクです。

この二日間、名古屋へ遠征してきましたが

非常に楽しかったです!

良かった体験はもちろん

東京都と比べると

面白い違いがありました。

ちょっとそこを簡単にまとめてみます。

姿見がない

これが一番わかりやすい違いでしたが

東京では当たり前のようにある

あのマットの横にあったりする姿見が

今回行った5店舗では

1つもありませんでした。

これはどうやら

意識して設置していないわけではなく

考えてもいなかった様子。

4店舗目の、キャンベルのさらさんは特に

鏡越しにでも

なるべく長く施術姿を見たいものです。

なので、ぜひ今後、姿見が増えていくと

名古屋に住むユーザーは喜びそうです。

安い

90分はだいたい13,000~15,000円と安い。

コースもほとんどが1つと、シンプル。

施術時間は120分以上がオススメ

今回体験したセラピストは

ひとつひとつの施術を

しっかり長めにやりながら

後半のドキドキタイムへと流れます。

なので、90分だと非常に焦っている様子

3人くらいが

「90分ってあっという間だな~」

と言っていた。

値段が安めに設定されているので

遠慮なく120分で受けるといいでしょう。

密○は皆無

東京では比較的多い密○のような距離感が

今回の名古屋で受けた5人からはゼロだった。

SKBなどへの腕の入れ方は

素晴らしかったのだが

体全体の距離感は離れている印象だった。

これも姿見と一緒だが

意識してこういうしているワケでないのなら

少し検討してもいいかも?

たまに聞く話しだが

名古屋のユーザーが

わざわざ出張で

東京のメンズエステを受ける理由の1つには

名古屋のメンズエステよりも

密○などのドキドキが

多いからだそうだ。

CKBへの関心は薄め?

こちらはもう少し

色々なセラピストの体験が必要だが

CKBへの関心が薄い印象。

あるセラピストには、直接お願いして

少しCKBへ挨拶してくれた。

またあるセラピストは積○的だったが

全体的に、そこまで興味がなさそう。

ある意味

メンズエステの鏡のような内容だが

東京のやり方を知っている名古屋ユーザーは

この違い、どう思うか?

神○を○○ない

伏せ字で申し訳ない。

つまりそういうことだ。

すべての店舗ではないが・・・

この文化だけは、東京でいうと

3年前くらいを思い出す。

しかし、絶対直接はなかった。

かならずSKBを確実にくる。

守るところは守る堅実さを感じた。

今回の体験まとめ

最後に、今回の体験した

セラピスト・店舗をまとめてみると、

大きなハズレがなさそうなのが

mandarinと、フォーシーズンです。

これはどちらも厳しい研修をしていたり

長く運営しているから。

圧倒的ナンバーワンだったのは

キャンベルのさらさん

その他のセラピスト見ても

東京のメンズエステに近い印象を受ける。

アルムは人によって宝が眠っているかもだが

まだまだ未知数。

途中で退出したR店は、しばらくノータッチ。

他にもホームページが似ている店舗があるので

そちらも怖いですね。

こんな感じで

まとめてみましたが

いかがでしたでしょうか?

名古屋のユーザーさまの

参考になれば光栄です。

ではでは。

名古屋1件目 mandarinはコチラ

名古屋2件目 R店はコチラ

名古屋3件目 フォーシーズンはコチラ

名古屋4件目 キャンベルはコチラ

名古屋5件目 アルムはコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約6年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。