【体験】ラサスタンザ 池袋(飛鳥)〜若い娘から繰り出すふんわりご挨拶に耐えられるか?〜

ども、ネクです。

さて、今回は

池袋にあるラサスタンザ。

前からココは、Twitterで見るキレイな写真に、見とれていた。

単純ですね~、男って。

結果から言うと

思っていなかった展開と

池袋らしい楽しみ方を体験できたと思います。
 

 

池袋駅北口から徒歩5分ほど。

ラブホ街をガッツリ通った先にある

新築マンションへ入っていきます。

出迎えてくれたのは

飛鳥さんです。

前回、五十嵐ライターが

一度入って体験しているので

コチラも参考に。

さて、出会ってみた飛鳥さんだが

ちょっと付き合って長い彼女の家に来たかのような、気さくさ。

いつもと違う接客に若干戸惑うが

飛鳥さんが可愛いから許す。

若くも見えるが

色気がある。

このホームページどおりの衣装もマル。

支払いは90分14,000円と

オプションのホイップをつけて

合計15,000円だ。

安い。

そしてワンルームに2人きり。

シャワーをあびて

よくある紺TPを履いて、マットへ。

横の鏡が大きく、しかも直角に置かれているので

非常に見やすい。グッド。

 

始まってみると

飛鳥さんワールドで始まる。

ゆっくりと

「では~、はじめますね~」

と、うつ伏せで寝ている私のOK2へと座ってくる。

OK2や太ももが

とても良い形で

座ってもらっているだけで

なぜかFBK。

ほぐしは、ざっと軽くだが

突然、鏡を見ながら

覆いかぶさってきて

自分の手に指を絡めてくるアレ。

あのドキドキな触れ合い方は

なんだか

怪しく

非常にドキドキ・・・

 

サクサクと進む。

どうやら別で週5くらいで

タイ式マッサージ屋でも働いてるようで

全体的に押しほぐすのがメイン。

だいたい準備完了になると

ここから

さらに飛鳥ワールド。

カエル足になると

自分の太ももに抱きついて・・・

TMTMをずっとふんわり。

最初の会話で

「メンズエステすごい好きなんですが、だんだん◯◯になってきたような気がして(苦笑)」

そんなことを言っていた。

なるほど

こういうことだったのか。

あとはフェザータッチも織り交ぜるが

基本、ふんわりご挨拶。

両側しっかりやると

4TBはなく、仰向けになる。

 

仰向けでは

しっかりOPIスタンしてきてから

CKBご挨拶しながら

デコルテマッサージ。

キワではない。

ふんわりご挨拶。

添い寝風になって

お腹に頭を置いて

SKBキワかと思ったら

また、TMをふんわり

さらに、サンにふんわりご挨拶。

何度も言うが

キワではない。

ふんわりご挨拶が、基本ワザだ。

 

「ホイップ作ってきますね」

と言うと部屋を一度出る。

時間を見ると10分前に終わるなら

あと30分弱ある。

そんなに長くやってくれるのか?

戻ってきた手には

透明なボールがある。

両足の間に座ると

自分の両足を

飛鳥さんの太ももに乗せて

赤ちゃんポーズになる。

臨戦態勢だ。

そこから

超ネットリホイップを

手にたらふく取って

サン周辺へ、ポトリ、ポトリ。

もう

ほんと

ここから

色々とすごい。

・・・・・・・

・・・

・・・

不思議なオーラの飛鳥さんは

目をじっと見つめてきて

それをやるもんだから

ドキドキする。

 

ね~~っとりホイップが

SKBから太ももまで

しっかりと塗られて

どんどん不思議な感触に包まれる。

ずっと

異様な時間が流れる。

そして・・・

・・・

・・・

「そろそろシャワーのお時間です」

時計を見ると

まだ15分前。

あれ、少し早い?

しかし理由はすぐにわかった。

シャワーへ行くと

このネットリホイップが

なかなか取れない(笑)

通常の倍以上はシャワーを浴びた。

もう少しロー◯ョンの量

減らしたらどうだろ・・・

 

今回はとても不思議な体験だった。

メンズエステという

オイルマッサージはほぼなく

タイ式ほぐしと

ふんわりご挨拶の連続だ。

もう、なんだか

今までの常識はなしに

どう、この子と楽しむか、通うことで

攻略する楽しさが見いだせるかもしれない。

さて、あなたはこの子と

どんな時間を過ごせるか。

いつも言うが

手を出したらアウト~。

今回も終わったあとに

飛鳥さんに聞いてみたが

やはり危なそうな客には

今回みたいな施術はやらないそうだ。

そういう空気を出しているだけで

もうやらないそうだ。

なので、

充分、気をつけて

紳士に受けてみてくださいね。

ではでは。

ラサスタンザはコチラ