【体験】Inty-インティ-市ヶ谷(ユウキ)〜レベルの高さを再確認。別次元に連れて行かれる〜

どうも、ネクです。

今回は、前回ものすごい体験をして、その2回目となる

Inty(インティ)へ。

あれから以前のセラピストには

何度かお世話になり

異世界に連れて行ってもらっています。

しかし今回は

別のセラピストとの体験記事です。

結果は

今回も別次元に連れて行ってくれて

やはりここのセラピストの

レベルの高さを再認識しました。
 

 

アクセスは市ヶ谷駅から

歩いて5~10分。

信号次第ですね。

ゆっくり歩いていきたい方は

15分前には市ヶ谷駅につきましょう。

電話すると

優しく透き通る声で

丁寧に部屋番号を教えてくれます。

その声で、すでに癒される。

 

マンションというか

団地のような建物へと入っていき

出迎えれてくれたのは

普通に美人でハッキリとした顔立ちの

ユウキさん。

やはり、ここは

容姿も素晴らしい気がする。

中に入ると、アロマのいい香り。

目と匂いで、一気に引き込まれる。

 

お茶をいただき

お支払い

90分16,000円。

 

変わったシャワー室で

シャワーを浴びて

茶スカPを装着。

出ると、浴室用カーテンで

仕切られていた。

 

戻ると

部屋を暗めに

心地よい音楽と

いい香り。

 

まずは仰向けから。

腰付近を、ぐっと押しほぐす。

そのままトーク。

 

うつ伏せになり

全身をほぐし

足のオイルマッサ開始。

やはりレベルが高い。

片足全体が終わると

そのままの体勢で

SKBへ手を押し込む。

この窮屈感が

気持ちよさを倍増する。

この事故具合で

今後が楽しみになる。

 

カエル足になると

すぐにSKBにはいかず

OK2を押しほぐす。

要所要所で

触って欲しい絶妙なところを

ほぐし流してくれる。

次にSKBコマネチ。

後ろの方から

手入れていく、奥まで。

そして、ゆっくり引く。

とてもゆっくり。

しかも事故しながら。

これはあくまで事故。

しかし

この距離のとり方が、非常に気持ち良い。

もう、ほんと

わかっていらっしゃる、とお礼を言うレベル。

腰横に位置どるスタイルで

前と後ろ両方。

そのまま、片手がCKBへ。

久しぶりにコレされた。

CKBへの挨拶の仕方が

上手すぎて、怖くなる。

この人は、ものすごく

CKBへの挨拶が上手い人だ・・・

良かったときによく言うが

マッサージレベルが高くて

上質な時間が流れていたからこそ

こういうドキドキは

ギャップがありすぎて

恥ずかしくて、鏡さえ見れない。

自分はこういうとき

目をつぶって視覚を奪い

肌の感覚に集中する。

そのため、別次元にいくような

錯覚におちいる。

ユウキさんの手付きは

言葉ではなかなか言い表せないが

文字通り、非現実を味わえる。

 

両足終わると

4TBかな、と思ったら

それはやらず

神Pを少し下げて

OK2から背中までを

しっかり押し流す。

ここでもやはりプロレベル。

手のひら全体で

包み込みながらも

しっかり流し

前腕や肘をうまく使うマッサは

完全に上級レベル。

セラピスト歴は2年ぐらいだそうだ。

 

背中全体が終わると

4TBの指示。

あ、するんだね、ありがとうございます。

 

ここまで、プロのマッサと

プロのドキドキに

お腹いっぱいなのに

4TBは正直どうなってしまうのか、怖い。

期待と不安のなか、4TBへ。

タオルで上半身は隠し

OK2だけが○見え。

少しフェザーから入り

BKBK。

そして両手でSKBへ入り

引き戻すとき

先程よりも

超スローで戻す。

超スローだ。

1cm いや 0.5cm?

動くたびに

事故しながら

肉が少し、すれて動くのがわかる。

感覚がそこに集中されて

いつもの3倍は気持ちよくなる。

MZTの嵐。

・・・

あまりここは詳細は書かない。

ほんと、体験してほしい。

この辺、記憶があいまいで。。

別次元は記憶を曖昧にする。

 

次に

片手SKB。

片手はCKBご挨拶。

そのBへのご挨拶の仕方が

超繊細にくる。

指の離し方、挨拶

レベルが高すぎる。

最後は

両手でご挨拶されて

MZT MZT

MZT MZT

 

仰向けになると

足、腰のストレッチを行い

マーメイドによる

ふともも密着で

また異空間に連れて行かれて

CKB両手ご挨拶。

顔は自分の胸に置いて

CKBに色々なご挨拶をしてくれる。

ユウキさんは非常に経験豊富なご様子。

 

最後は

両足をユウキさんの膝に載せて

SKBとCKB

デザートフルコース。

そして90分が終わった。

終わってしまった。

目をあけて

現実に戻ってきて

笑顔で出迎えてくれたユウキさん。

 

今回の体験記事は

だいぶ抑えて書いている。

暴走すると

エグいので。

 

自分の感覚でいえば

別の次元につれていってくれる。

これを味わうためには

トークは最初のほぐしの時だけで

あとは喋らずに

身を任せれば

より一層、技術の高さとギャップを味わえるはずだ。

 

前回のセラピストと同等クラスで

改めてIntyの技術の高さを再確認。

最初の大人っぽい声から始まり

匂いで包み込み

しっかり揉みほぐしてからの

ギャップある事故は

「メンズエステって

やっぱり楽しいな」

と再認識させられた。

 

他のセラピストも

受けてみようと思う。

ではでは。