もう失敗しない!おすすめ「メンズエステの選び方」

今回は、タイトルのように
メンズエステの選び方を自分の失敗経験談から、まとめてみることにしました。

かれこれ5年ほど前に行き始めて
色々なお店を経験してきました。
天国も地獄も経験しました。

何度かこの業界がイヤになったこともありました。
しかし、きっとこの業界は今後日本の大事な産業、そして究極の癒しを作ってくれると信じて行き続けています。

さて、前段が長くなってしまいましたが、さっそく選ぶコツを纏めていきたいと思います。

オープンしたての店は、
口コミや体験談が流れるまで「見」

これは、まだ有能なスタッフを集めきれていない場合がある。
場合によっては、店長と実力あるセラピストが仲が良く手伝ってくれている場合もある。
たまにだが、バイト感覚で入りたての大学生がいるので、
新店舗で若い人は注意が必要。
つまりオイルを軽くぬっておしゃべりで終わる可能性がある。

まずは90分コースをやるべし

これは上記にからむ話だが、
新店舗はキャンペーンでとても安い場合がある。
ある失敗で150分で18,000円というのがあって予約したら
セラピストが素人であったため、
とても苦痛な150分だった。
お金はかかるが、一度90分で利用してみて
リピートしたくなったら長くやるといいだろう。
しかし、やはり相手は女性。
そうとうなプロでないかぎりは150分は長くてだらけてしまう可能性もあるので
90分はお互いちょうどいいのかもしれない。

スタッフ写真が口が写っていない人は容姿に自信がない

これは上記のとおりである。
口が写っていなくアゴからしたの場合は
容姿は中以下だと思って覚悟したほうがよい。
まぁ技術と容姿は比例しないかもしれないが、
経験上、容姿が良く接客もうまい人は技術もある。

プロフが詳細に書かれいて、経歴がある

これは単純にプロフィールが詳細であればあるほど
人柄がわかって選びやすい。
またもっとも重要なのは「エステ経験あり」と書かれているか。
これが書かれていたらマッサージは得意であろう。

店内写真を掲載しているところはセラピストの技術の期待ができる

これは店内のインテリアにお金をかけていて環境づくりにこだわりがある場合であるが、
その場合はスタッフを選ぶことにもこだわりが大きい。
つまり容姿や技術に期待できる。

電話予約時のスタッフの丁寧さも判断基準

これも店舗の質を判断できる。
やはり丁寧な受け答えはクオリティに直結する場合が高い。
また、女性の受付嬢はなんだか嬉しいものである。
これも評価が高い

セラピストのランキングを載せているところはその嬢は古株で期待できる。

ランキングをたまに載せているサイトがある。
何日か観察して順位変動がない場合、
1位の嬢はスタッフと店長がだいぶ仲良いか
古い付き合いの可能性が高い。
積極的に1位を予約しよう。

サイトに具体的な住所を載せていないのはマンションタイプ。つまりマッサージも期待できる。

ちょっとEROい体験をしたい場合、
店舗型よりもマンション型のほうが良い傾向がある。
その判断基準はアクセスページに住所がなく
「◯◯まで来たらお電話ください」というタイプ。
こういうところはとくにSKBのマッサージに期待できる。

サイトにシンプルな料金表しかない場合は、店舗へ行くと面白いオプションがある可能性が高い

これも上記の通りだが、
サイトに載っている料金がシンプルすぎる場合は
店舗へいくとちょっとした面白いオプションがある可能性ある。
ある店舗は「ゾウさん9種盛り」など。
もちろん最後までされないが良い体験ができる。

年齢層が高めの店舗は、ドキドキ体験が期待できる。

これは神楽坂コケットなどが該当するが
やはり年齢が高いといろいろなメンズエステを経験してきている可能性があるので
色々楽しめると思う。

サイトに店内写真でマットタイプの場合、肌触マッサージが期待できる。

これはみなさん想像できるだろうが、
ベットタイプよりは肌触マッサージが期待できる。
写真を大きく載せている店舗はそういう意味で大きな期待ができる。

まとめ

このようにまとめてみると、まだまだ判断基準があったように思うので
随時更新していこうと思う。
みなさん、ぜひ以上を参考に素敵なメンズエステライフを。

【まとめ】「本当にオススメしたいセラピスト」Best10 〜2017年3-4月〜

わたし管理人の正直な感想、本当にオススメしたいセラピストの2017年3月〜4月のランキングをまとめてみました。

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約6年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。