【体験】エサレンマッサージを体験してきました 〜自分というものを見つめ直せました〜

どうも、こんにちは、ネクです。

ゴールデンウィークもあと2日ですが・・・

いや、いいや

こういう堅苦しい始まり方が、そろそろキツイ。

自分はメンズエステ店へは行かず

今回エサレンマッサージ

初体験してきたので

それを簡単にまとめてみます。

エサレンとはなにか?

これは自分が語るよりも

「エサレン」と検索すると

詳細が書かれていますので、そちらをご参考ください。

この中で興味を惹かれた言葉が

“より良く生きる、人間の可能性や価値を探求する”

“一度として同じセッションは無い。”

というものです。

正直、最初は

神Pは履かずに

全身を長いストロークで

気持ちよくなれそうな

未体験のリラクゼーションを体験できるかな~

という軽い気持ちでした。

自分は本質的に

「刺激」が欲しい人物らしく

メンズエステという枠にとらわれず

癒しにまつわる未知の体験なら

なんでも体験してみたいのです。

そこで今回のエサレンは

あるセラピストさんから紹介されて

大変興味を持ち、今回行ってきました。

今回はどの店とは、あえていいません。

言っても同じ体験が、ほぼできないのですから・・・
 

 

今回行った店舗へお邪魔すると

完全ひとりだけ招かれた、プライベート空間。

大変広い部屋で

外の現実と遮断されています。

すごく落ち着いた、笑顔がステキなセラピストさんから

飲んだことがない輸入されたハーブティーをいただき

すごく心地よくイスで待っていると

目の前のイスに同じお茶を持って、セラピストさんが座りました。

ここから、カウンセリングが始まります。

「体の調子はどうですか?」

「今どんな気分ですか?」

「最近、何か悩み事はありますか?」

などなど

色々と15分ほど話します。

おいしいハーブティーをいただきながら

このカウンセリング内容が

そのまま施術内容になるようです。

 

だいたい終わると

まずはトイレへ行き

戻ってくると、裸になり、バスローブを着ます。

また新しいハーブティーとレモン水を頂きます。

部屋は暗くなっていて

ずっと心地よい音楽と匂いで

満たされています。

そろそろ始めてもいいと思ったら

呼び鈴を鳴らします。

すると、セラピストがやってきます。

そこから、ベットにうつ伏せになって

施術が始まります。

 

ここからは、完全に身を任せて

体験したことがないことの連続。

すべてが心地いいのです。

どんどん深く、心が落ちていくような

神秘的な体験が繰り広げられていきます。

 

うつ伏せが終わると

一度トイレにいきます。

戻ってきたら

心地よい体勢変更で

仰向けになり

また深く深く、落ちていきます。

 

最後は

母のお腹の中の胎児のような格好で包まれて

深く、深く、落ちていきます。

そして好きなタイミングで起きて

着替えて

お茶を飲んで

また呼び鈴を鳴らして呼びます。

そこからまた30分ほど、ゆっくり話していたので

120分予約でしたが

180分くらいになりました。

 

途中途中、考えていたのは

「力を抜こう」

「無心になろう」

という

一見、リラックスするための努力のようですが

逆にこれが、自分の緊張感を増してしまっていたように思えます。

しかし、途中から

ふと湧き上がってきた気持ちは

「感謝」でした。

自分の体というものへの、感謝でした。

何気なく動いてくれている

頭、腕、背中、腰、お尻、足

すべてに対して

動く感謝、存在する感謝が湧き上がってきました。

これを感じ始めてから

自然と力は入らず

リラックスも自然とできて

気持ちよく落ちていけたように思えます。

最初に話した

“より良く生きる、人間の可能性や価値を探求する”

というのは

この事だったのかもしれません。

何度か体験すると

より深く、気持ちよくなれるそうです。

まだまだ

よくわからないところはありますが

これを体験していくと

より良い人生を歩めそうな気がしました。

しばらく通ってみようと思います。

ではでは。

【まとめ】「本当にオススメしたいセラピスト」Best10 〜2017年5-6月〜

わたし管理人の正直な感想、本当にオススメしたいセラピストの2017年5月〜6月のランキングをまとめてみました。

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約6年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。