【体験】ビター 赤羽(北川)~メロメロ度マックス~

どうも、五十嵐です。

あの、せんべろ(1000円でべろべろに酔える)で有名な赤羽に、はじめて行った。でも、今日の目的はメンエス。ということで今回は、赤羽のビター。先に言ってしまうが、13,000円でメロメロに酔いしれる結果となった。赤羽は人を酔わすのがお上手ですなぁ。

 

お支払いは
90分で、13,000円。

オプション、一切なし。コースのみ。シンプル・イズ・ベストこれってコース内に、この店の全サービスが詰め込まれているっていうこと。すべてのお客様に全力を尽くという意思表示に感じる。

場所について。最寄り駅は赤羽駅。徒歩2~3分くらい。つまり駅近。なんだけど、行ってみると、これぞ隠れ家!というおもむき。もはや秘境と言ってもいいかもしれない。私としては、なんだかワクワクするわぁ、こういうの。

そして今回のお相手となる、北川さん。

スレンダーで、ノリよくて、楽しくて、おしとやか。大人な雰囲気で、一緒にいると、なんだか落ち着く。こういう安心感、素敵。キャリアは、女性向け店での経験を活かし、そしてメンエスは1年ほど、とのこと。

で、うつ伏せスタート。マッサはさすがのお上手さ。女性向け店で磨かれたマッサを堪能できるのは嬉しい。でもね、北川さんのマッサの凄さは、それだけじゃない。通常マッサの中に、セクシーが織り交ざる。なんて器用なんだろう。確かな満足のあるマッサをしながら、甘いセクシーも同時に堪能できるのだ。これって、つまり、全施術がセクシーになることを意味する。これね、ヤバイよ。実際、前半でかなりメロメロにされてしまった。

トークが楽しい。落ち着いた雰囲気の北川さんと話してると、なんだか高級クラブにいるみたいだ。高級クラブなんて行ったことないけど(想像世界)で、話し込んでいるうちに、セクシーな施術になる。そして私が反応すると、そこから北川さんのスイッチが切り替わり甘い雰囲気を漂わせながら静かになる。さすがだなぁ。

オイルマッサになると、タララーーーッと身体にかけてくる。おお、オイルどばどば系だ。この垂らしブッカケ、たまらんよなぁ。これだけでメロッてしまう。で、マッサは滑らかさハンパなし。とろっとろだよぉ、とろっとろ。

カエルになると、けっこうなギリを深めに切り込みながらのスルー。で、鼠径部や神Pに向かって、オイルをターッと垂らしブッカケする。こ、これはキクなぁ・・・物凄く色っぽくてセクシーたっぷりすぎる。こういうやり方や演出って、本当に男心をくすぐりまくる。心の中で悶絶大爆笑状態。

ストレッチで、セクシーにほっこり。手とか色んなところが、セクシー癒しでほっこりする。そして4TBへ。これがまた、絶妙にM魂を震わせる施術。そういう触り方と、そういう雰囲気は・・・ヤバいわぁ・・・で、ここまでの展開が早めに進行する。時計を見ると30分くらいかなと。だからといって、急いでるとかではなく、あくまでも自然な流れで。確かな満足は得られるので、私は大満足している。

さて、短時間で4TBまで行ったってことは、残りの時間、すべてが仰向けに使われるということ。まずは、うつ伏せのまま、頭側に来ての背中マッサ。ああ・・・絶景を観光するお仕事・・・しかも、背中マッサから、鼠径部まで到達する。ああ、絶景タイム中に鼠径部ハッピーはヤバいって・・・

そして仰向けに。胸マッサ、膝上げマッサ、カエル。鼠径部ハッピーとCKBハッピーなコラボ施術に、どんどんとメロメロにされていく。ああ・・・たっぷりの時間で、このハッピーはたまらん・・・で、ラストは・・・凄かった。詳細は、ご自分で確かめていただきたい。とにかく凄かった。あの状態で、あんなのされたら・・・身も心も興奮度マックスでメロメロにされ尽くされる・・・

気が付けばお時間に。夢の世界から現実へ。はぁぁ・・・甘くて熱い溜息が漏れまくる・・・そして北川さんはシャワーの準備に。この部屋でひとりで待つ、余韻タイムが味わい深い。身体に残る施術の余韻・・・凄かったわぁ・・・

やっぱり確かなキャリアのある人は違うなぁ。満足度が違う。濃密な時間を過ごした実感がある。店名はビターだけど、実際は、これでもかって甘い体験をした。あ、でも、施術後はね、無性の寂しさを覚えるのよね、部屋にひとりぼっち。だからビターなのか?ほろ苦い余韻みたいな(考えすぎ)それとも、大人の味ってことなのかしら?なんにせよ、店名とは裏腹に、とろとろなスイート体験だった。

 

【赤羽 ビター】
http://www.bitter-aroma.com/