【体験】心庭-こころてい-八丁堀(上原さやか)〜 次元が違う可愛さ、ロリ顔〜

どうも、ネクです。

今回はよ~くお世話になってる

みなさんご存知の心庭へ。

セラピストさんもいいのですが

ぶっちゃけ行きやすくて。

ホームページ巡回をする朝。

新人がいました。

プロフィールには

「アイドル級の可愛いルックスに優しい性格♪
癒されること間違いなしなセラピストさんです!
ご予約は是非お早めにお願い致します^^」

最近、こういうアイドル系が増えてきた印象。

写真を見ても好印象。

予約です。

結果は

可愛さの次元が壁を超えすぎていましたね。

アクセスなどは前回の記事を参考に。
 

 

出迎えてくれたのは

上原さやかさん。

写真で見たとき、この口元だけで

カワイイという自信はありましたが

実際にお会いしたら

・・・

・・・

次元が違いました。

ちょ、ちょっとまて。

ちょ、ちょ、冷静になろう。

おかしくないか?

こんな可愛い子って

絶対に芸能界で働く逸材だろ。

な、なんだ、これ。

す、すごく笑顔も、可愛すぎるし

やわらかい物腰。

スタイルも抜群。

出ているところもしっかり。

いや、だけど

か、可愛いの次元がおかしい。

ちょっとまって(笑)

これ、もしかして元芸能人?

元グラビアアイドル、だよね?

だ、だよね?

写真一枚撮ってgoogle画像検索したい。

・・・

冷静になれ、俺(笑)

いつもどおり、90分でお支払をする。

シャワーをあびて

茶スカ履いて

部屋へと戻る。

いつもどおり、マットの足湯からだ。

しかし・・・

となりに座るグラビアアイドル風セラピスト、上原さん。

やっばいでしょ・・・

緊張、する・・・

しかもよく見ると

非常に若々しく見える。

JC・・・?

言いすぎじゃない。。。

すごいロリ顔・・・

あ、言い忘れていたが

接客はすごく丁寧だ。

最近は別の仕事をしていたようだが

以前すこしやっていたメンズエステに、戻ってきたようだ。

ちょうどこの日、初出勤だったようで

不慣れ感はあるが、それも可愛くてしょうがない。

 

さらに跨いで、肩のマッサージ。

緊張する・・・

いつもだったら

両手をちょっとOK2付近に添えるのだが

それすらできる勇気がない。

おそらく、そんなことをすると

黒服が数人出てきて

どこかに連れていかれて

東京湾に沈められる。

絶対、静かにしてよう、とする(まじめか)

 

うつ伏せになって

全体をほぐして、足のオイルから。

基本的なところは、だいたいできるが

全体的にまだ、メンズエステらしいドキドキは

これからといったところだ。

しかし、頑張ってやろうとしている姿が

愛おしくみえる。

これぞAKB。

頑張っている人は、応援したくなるものだ。

うつ伏せでの一番良かったシーンは

腕全体が

上原さんの太ももとOK2で、覆われたシーンだ。

て、手のひらに、極上の桃が・・・

こ、これもダメだ。

指を動かしたら。

黒服が出て来る・・・

 

仰向けでは

足から頑張ってマッサージをして

マーメイドやロデオが繰り広げられた。

仰向けで一番良かったシーンは

ロデオのときに

前髪の間から見つめる、S気な目線。

だけど

唇は10代前半のような

小さくてちょっとアヒル口で、ツルンと光るとびきり可愛い唇。

この目と唇のギャップが、今日イチ。

これだけでご飯が食える。

 

まさか、前職って・・・

 

全体的に丁寧で

接客部分では不満はない。

ドキドキマッサージは、これから!

全然OKです。

本人の頑張ろうとする姿が微笑ましかった。

新人キラーさんは

このひとを見落としたら

後悔しますよ。

 

顔は、同じ人間とは思えない

普段、絶対話せないような

レベルが高い、ズバぬけて可愛い、ロリ顔キュート、上原さん

出会えてよかったですよ。

 

そういえば

心庭さんの衣装、若干変わりました?

白いタイトぴっちり衣装の下がレースになっていて、SKSK。

だから、その奥のPが・・・・・・・・

驚いて目が釘付けでした。

ごちそうさまでした。

ではでは。

【まとめ】「本当にオススメしたいセラピスト」Best10 〜2017年5-6月〜

わたし管理人の正直な感想、本当にオススメしたいセラピストの2017年5月〜6月のランキングをまとめてみました。

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約6年。 初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。