【体験】Aromaly(アロマリー)3回目(神咲さん) – 恵比寿・代官山・中目黒

久しぶりにアロマリーへ。
前から非常に気になっていた神咲さんを指名で伺うことに。

ここ、前回2回行っており、その2回とも大石さんだったんですが、神咲さんがすごいということを他の体験ブログで見ていたので、これはぜひ体験したく思っていたんですが、いつも行こうと思った時には予約いっぱいでした・・・。さすが人気セラピスト。

しかし、今回奇跡的に予約でき行ってきました!

新しくできた?五反田店へ。どうやら随分前に中目黒店は無くなっていたみたい。あの高級感あるマンション良かったのにな〜。

今回のお店は五反田駅から歩いて3分ほど。サイトに分かりやすい地図があり、スムーズ♩そして驚いたのは、このマンション別件で仕事で来たことがあったこと(笑)

入ると黒が基調のシックで高級感のある店内。マンションタイプではないのですが、部屋はキレイに3部屋あって不思議な構造。

さて、お待ちかねの神咲さん!

び、美人さん。。細くてスタイル良く、足にはガーター風ストッキングでER満載。。このお店の上半身の制服は、肩に穴があいた、フワフワとシルクのような上品があり、それがさらに神咲さんを引き立てていました。

話してみると、優しさと親近感ある雰囲気ですぐに打ち解けました(^o^)なんていい人なんだろう。

今回は90分のCコース!これがマストですね。さて、あとは技術どうかな?

部屋の中も黒が基調でありながら、インテリアはあいかわらずのこだわりで落ち着いた空間を演出。

まずはアイスコーヒーをいただきシャワーへ。洗面所はすごいキレイでした。シャワーは、浴室のないタイプですがなぜか、中には腰かけるスペースがあって意味深(笑)あ、なぜか洗面所には大きな全身鏡があって自分の裸を凝視できます。

シャワーが終わると、部屋でうつ伏せで待機。目の前には、大きな鏡があり、セラピストを覗けます(^o^)

脚側からマッサージが始まると、そこには、流れるような指使いで行うプロの技術が。。ツーっと爪も使うサワサワさも兼ね備えながらも、OK2ラインもしっかりサワサワ。

鏡を覗くと、女豹のようないやらしい目つきの神咲さんが、しなやかなに動きながらマッサージしてくれていました。

見てて飽きない。。

OK2の上に座って、両足のモモでOK2を挟んでグイグイ動かすアレなんですか!? あれすげぇ気持ちよくてオプションでもいいのでアレだけを15分くらいやってください。。

背中、腰、肩はあの細い体からは想像できない力強さで丁寧にほぐしてもらえました。力強さも確認してくれる気配り。さすがです。

そして、ついに4TBへ。

これがまたすごかった。

神Pのおしりがわヒモをちょっと浮かせて、何かスーっと通る。

え、なにこれ、気持ちいい。

なんか垂らしたの?

爪でなぞっただけ?

正直わかりません、何が起きたか(笑)

さらにそこにSKBマッサージでしなかやにマッサージされるので悶絶ものです。

さらにサワサワもコラボ。

胸のほうまで指は訪れるものだから、もうイイ意味でへばっちゃいます(笑)

とにかく、神咲さんはしなやか。

動き、表情、技術がすべてトップクラス。

仰向けになると、横に座って、手をモモの上にチョコンと置きます。

そしてお腹をグルグルとマッサージしてときおり指は胸のほうへ。。

なんなんだ、この人の指の動きは。。

そして、何度も言うが表情がイイ。

仰向けになったら枕を高いものに変えてもらえるともっと覗けて助かります(笑)

そしてそのまま足の方に行き、

またしっかりモモから足先までモミモミ。

ときおりSKBをグイグイ。

これがすごくて、確実に気持ちのいいツボを押してくれます。

足をやりながらたまに胸のほうに指が遊びにきます(^o^)

この人、天才。。。

油断してるとそこをついてくるのがほんと小悪魔!

両足が終わると、最後は両足の真ん中座るアレ。

ここでSKBに最終トロピカルタイム。

これがまた痛気持ち良さもしっかりあり、俺は何か悪いもの溜まっているのかなと錯覚。

無駄な動きがなく、それでいて表情は小悪魔で独特の世界に引き込まれます。

最後も胸を指が這い回り。

もうそこは、ピアノを弾くピアニスト。

で、自分はピアノの気分(笑)

あーずっとされていたい。。

と思っていたところで終了。。

総合的には、神クラスですね。
さすが噂があるだけのことはありました。

ぜひ今度はセクシー衣装で120分でお願いします。

ではでは

ABOUTこの記事をかいた人

メンズエステ歴約6年。
初めて行ったお店は最近閉店してしまった小伝馬町のシエスタ。そこでメンズエステの良さを味わう。それから都内を中心に色々なジャンルのメンズエステを経験。基本的には同じ店に連続ではいかない。常に新鮮な気持ちを大事にしている。いずれ名古屋や大阪にも行きたいと企んでいる。